Sea Turtles of Okinawa

野生動物の違法取引: ウミガメの違法取引を監視するための第一歩


By jhjanicki on ,7 28th, 2016 in 環境保護, 野生動物の違法取引, コメントはまだありません

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on RedditShare on LinkedIn
Prototypes of fake eggs. Photograph: Eduardo Bone

偽の卵のプロトタイプ.
イメージ: Eduardo Bone

野生動物の違法取引は、1年につき70−230億ドルの価値があって、それが一つの原因で、野生生物が減少し、絶滅の危機に瀕しています。ウミガメも野生動物の違法取引に巻き込まれています。ウミガメの卵、肉、甲が獲られているので、大きな被害を受けています。 取られる理由は、栄養価の高い卵が簡単に収集できること、文化や宗教的な理由、また利益の目的とされています。

特に、東アジアで、ウミガメの甲は何世紀も、鼈甲製品を作成するため、非常に望まれていました。鼈甲はたいてい宝飾品、くし、扇、ボタン、眼鏡、家具の飾り付けなどに使われています。タイマイの甲羅が鼈甲製品の単一原料なので、過去五十年の間にタイマイの甲羅の需要が非常に増えたため、タイマイの数が激減しています。

野生動物の違法取引を防ぐための最大努力にもかかわらず、ウミガメを含めて様々な動物はまだ利用されていて、減少し続けています。National Geographic Society, the Smithsonian Institution, とTRAFFICは野生動物の違法取引を減らすために、「Wildlife Crime Tech Challenge」という牡蠣的な活動を始めました。野生動物の違法取引は4つの分野で分析することができます。1.通過ルートを見つける。2.法医学的証拠を強化する。3.消費者需要を減らす。4. 社会的腐敗と汚職に取り組む。

現在、ウミガメ製品の通過ルートと最終的な目的地についてほとんどわかっていないけれども、多くの人々はそれを変えるために働いています。「Paso Pacifico」というNPOは 野生動物の違法取引を争うために、違法に採られた卵とウミガメ製品をモニターして、マップすることができる方法を開発していて情報を集めています。彼らは、侵入者を追跡するためにGPS装置を挿入する偽の卵を開発しました。

追跡侵入者と通過ルートはこの問題に取り組むための良いスタートです。しかし、消費者需要は野生動物の違法取引の主なドライバーですので、あなたの回りに人々を教育することによって、我々全員が手伝うことができる問題です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930