Sea Turtles of Okinawa

日本のアカウミガメの巣が保護されるべき理由


By jhjanicki on ,1 27th, 2017 in 環境意識, 環境保護, 研究, コメントはまだありません

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on RedditShare on LinkedIn
sea turtle conservation priority

イメージ: Cesar Landazabal

ある種類の生き物が広範囲にわたって生息している場合、その種に対する保護は、どの地域を優先して行われるべきなのでしょうか?いくつかの種にとっては、その種であるからといって、保護対象になるのが難しいことがあります。どの場所にどれほどの個体数が生息するかを基準に、保護対象は考えられるべきです。

海ガメはまさに、この種の生き物です。彼らはまた、個体人口や繁殖、形態によって種内でも違いが存在するような生き物です。つまり、人口動向や脅威による影響を考えた場合、個体数が非常に大切な要素となるのです。

世界にウミガメは7種存在し、そのうちの6種は絶滅の危機にあり(ヒラタウミガメはデータ不足です)、58個のグループとして生息しています。

調査によると、現状の海ガメ人口は世界中に広がっており、その個体グループと種族は危険な状態にあり、そのうちの一つが、北太平洋のアオウミガメだといいます。その巣は日本近海に集中しており、餌場は環太平洋にまで広がります。このカメたちは、メキシコや日本で誤って捕獲され、日本の海岸開発事業などにより、現在は絶滅の危機に瀕しています。

最も危険な状態にあるカメのグループは、そのグループに対する脅威や人口のリスクによって決定されます。

ウミガメに対しては、5つの危険が調査基準となります。
1)漁による誤獲(例えば、ほかの魚を追っている漁船に間違って捕獲されたりなど)  2)捕獲(卵の捕獲、食用として、その他カメ製品など)  3)沿岸開発  4)公害や病原体  5)気候変動

危険度は以下の基準が適応されます。
1)個体数の幅  2)現状の傾向  3)長期的な傾向  4)繁殖数の脆弱さ  5)遺伝的多様性

11もの群れが特に危機に瀕しているとされ、世界で最も絶滅が懸念されるウミガメであるとされています。これら11の群れのうち、5つがインド洋に生息し、4つはタイマイの群れです。

sea turtle conservation priority

保護対象の優先順位は、絶滅の危機を脱することから、長期的なモニタリング調査や遺伝的多様性を保護する活動や、海の生物を守る持続可能な漁法を実現することまであります。

もし、アカウミガメの巣をビーチで見つけたら、どうか触れたりしないように気を付けてください。そして、画像をこちらへ送ってくださいね。

翻訳者:森 麻紀子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年8月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031